So-net無料ブログ作成
検索選択

原画のマッチ箱、200個が完成! [作品]


IMG_2627bl.jpg

もみじ市で販売する原画付きの手づくりマッチ箱
→ 続きを見るで各種の写真と解説ご覧になれますよ!

もみじ市では、普段できないものを作って出展したいと思いました。今までの個展でも、マッチ箱はグッズとして販売したりしましたが、A4サイズの作品を小さく縮小してシールにしたものを白いマッチ箱に貼ったりしていました。でも今回は、すべて原画を貼ってつくったひとつひとつ手づくりのスペシャル版!です。

絵には、その紙面に対してちょうど良いサイズ感があります。例えばA4サイズでつくる絵と、マッチ箱に合わせた小さいサイズでつくる絵は、構図や収め方が違ってきます。A4サイズの構図をそのまま小さく縮めれば良いわけではなく、小さいサイズならではの紙面に対してバランスの良い絵の密度があります。模様やパターンにしても、小さいサイズで作る場合はそのパターンを形作るモチーフ(部品)の数を減らす必要があるでしょう。例えばA4サイズで動物や植物のいくつかのモチーフを入れていたとしたら、マッチ箱にするならひとつだけにするなど変更する。そうすることでバランスが取れます。ぼくは小さいサイズの絵も結構好きです。モチーフを画面にドーンと大きく収めることで、逆に迫力がある絵をつくることがし易いからです。

さて、そんなことも思いながらつくったのが、このマッチ箱200個!です。上の写真は、その全種類を入れて70個だけ抜き出したもの。毎日毎日マッチを作る夏の日が続きましたなあ!そりゃそうだよ、200個なんだから。ああ、やめれば良かったかもしれないと思ったことも数回。でも、やって良かったと思います。これが売れようが、売れまいが、この夏にぼくが一所懸命、心を込めてつくったものに変わりはないのですから。もみじ市でこの夏の記録を見ていただけたらうれしいです。もみじ市は2日目の9月28日(日)だけ出店します。お待ちしております!

IMG_2631.JPG
見てる見てる、見てもいい。見られてる中で作ってる。

↓続き見てくださいね、いっぱい解説あり

IMG_2662.JPG
これは実はいちばん気に入っているかなあと思う。魚は今迄もたくさん絵にしたけれど、スケッチしているうちに、こういうのが今回の魚かな、と思ったワケだ。そうでしょう?

IMG_2655.JPG
山に太陽。山に太陽。山はもはや三角形に単純化。何これ?というのが良いです。

IMG_2649.JPG
これはまた、手が勝手につくる。手が勝手に。そういう作品があっても良いでしょう。だって、それが運命だから。これはいったい何なんだ。作った時のこと思い出せないね。夢の中でつくるような。

IMG_2664.JPG
多分、これ夜につくったから夜だから?いや、十五夜の月が見えるとか見えないとか言ってたときだったからだ!そうでしょうまぎれも無いよ!

IMG_2642.JPG
民藝好き民藝好き、これはでもちょっとおかしい。ピッチャー好きなんだよね。前野直史さんの工房訪ねてもピッチャー買わせてもらいました。これはそのあと作ったから。笑顔のピッチャー。

IMG_2673.JPG
花も必要、花も必要。でも、ちょっとオブジェクツな感じの花にしたいと思ったので目玉焼きみたいになってきた。でも、これはこれで良いのではないか?でも、ある女子のかたによると、これもかわいいー[ハート]になるそうですから不思議ですなあ!

IMG_2679.JPG
表情。表情。顔ではなく、表情。こういう作品って作るのも意外と楽しいです。顔の絵というのは、その人にしかできない感が大きいようにぼくは思います。

IMG_2681.JPG
りんご、りんご。絵のりんごを描くとき、下のところを、スパンと平らに落とすのがぼくは好きです。なんで?って聞かれたこともあるけれど、それはジューシーだから!そうでしょう?

IMG_2671.JPG
鳥、鳥。チェキン?違う。違う。どうしても鳥にしたい日は、鳥を描きました。蝶ネクタイみたいのは一体何か。気取り屋。

IMG_2648.JPG
最後はちょっと狂ってる。なんか、もう手が勝手にというか、考えてないような状態で作っていたのがこれ。あれ?ひとつだけ人間じゃないのがいるし、人間なのにひとつだけなんか違う!そういうのもいいんじゃないの?と真夜中の判断をしている毎日。さようならこの夏のマッチ箱!どうぞ元気で!!

nice!(4) 

nice! 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。