So-net無料ブログ作成

ワークショップ「マッチラベルをつくろう」手順をご紹介。 [ワークショップ]

mt10.JPG

先日の「太陽と星空のサーカス2013」でのワークショップ。まずはマッチラベルの内容をお伝えしようかと思います。みなさんの作品の前に、どうやってつくったのか手順を説明します。やりかたは簡単です!

mt1.JPG
用意するものは、ごらんのとおり。入れるの忘れましたが、鉛筆や必要ならサインペンなどの書くものも必要です。

mt2.JPG
厚紙で作った型紙です。このマドの大きさに紙を切るとマッチ箱にぴったりになる大きさにしてあります。ワークショップでは、余計なところに時間をかけたく無かったので。鉛筆で内側のラインをなぞってください。

mt3.JPG
切るラインが決まりました。カッターで切ります。はさみの方が切りやすいというチビッコは、もちろんはさみで。

mt4.JPG
マッチラベルの大きさに切れました。もちろん、英字のものではなくても、色紙でこの台紙をつくってもいいです。

mt5.JPG
箱ではなく、マッチラベルの方にノリをつけます。うすく全体に。でもまんべんなく付いていないところがないように。

mt6.JPG
端から合わせて箱に貼って行きましょう。

mt7.JPG
折り返して順番に。

mt8.JPG
貼り上がりました。

mt9.JPG
今日はリンゴの絵でもやってみるか。

mt10.JPG
おもて面が完成。

mt11.JPG
裏は、AppleのAがあったのでそれでコラージュでも。

mt12.JPG
ノリで箱に貼ってから、はみ出したところをはさみでチョキっと。1つ完成しました。
nice!(5) 
共通テーマ:アート

nice! 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。